試験のご案内 受託試験のご案内 微生物限度試験についてご案内いたします。

微生物限度試験 微生物限度試験

目的および概要

非無菌の医薬品、化粧品などの製品に含まれている汚染微生物の菌数を調べる生菌数測定試験と
特定微生物が存在するかを調べる特定微生物試験です。
また、培地の性能を確認する試験と製品存在下における特定微生物の検出能力を確認する試験が
含まれています。

試験方法

・生菌数測定試験
製品中の生菌数をカンテン平板混釈法または塗抹法、メンブランフィルター法、最確数法等を用いて測定します。

・特定微生物試験
胆汁酸抵抗性グラム陰性菌、大腸菌、サルモネラ菌、緑膿菌、黄色ブドウ球菌、クロストリジア、カンジダ菌、リステリア・モノサイトジェネス などの微生物の有無をそれぞれ専用培地や方法を用いて測定します。

試験実績のある規格一覧

日本薬局方(JP)、United States Pharmacopoeia(USP)、
European Pharmacopoeia(EP)、ISO17516、ISO18416、ISO221150、ISO22717、ISO22718、ISO11290、ISO21149、ISO16212など
※その他記載のない規格でも試験可能です。

試験期間

2週間~

費用

要お問い合わせ
※検体の種類、数によりますので、お問い合わせ下さい。

微生物限度試験