空中浮遊カビ分析試験

目的および概要

室内空気中の浮遊カビ数および種類を調べる試験です。
試験結果から、浮遊カビの衛生学的評価、対策などに関する情報を提供します。

※浮遊カビだけでなく、浮遊細菌に関する試験も可能です。

試験方法

エアーサンプラーで各対象場所の空気を吸引採取します。
その後、これらを培養し、検出されたカビの集落数をもとに1m³当たりの菌数を換算します。
また、検出されたカビは種類を調べて(同定)ご報告いたしますが、どの程度まで詳細に調べるか事前に協議の上、実施をする流れとなります。

試験期間

サンプリング後、約2週間

※試験内容によって前後しますので、事前にお問い合わせ下さい。

試験費用

要お問い合わせ


※測定箇所数、対象(カビ・細菌)、種類の特定有無等の試験詳細により異なりますので、お問い合わせ下さい。

不明点ございましたら、お気軽にご連絡下さい。