1. HOME
  2. 受託試験
  3. 試験菌に対する効果を調べる
  4. カビ発生有無確認試験

試験菌に対する効果を調べる

試験菌に対する効果を調べる

カビ発生有無確認試験

目的および概要

各種工業製品の生産後、流通、保管などの間にカビなどの微生物が発生するかどうかを調べる試験です。

試験方法

検体を想定される環境下、または過酷な環境下におき、一定時間経過後、カビなどが発生するかどうかを
調べます。

試験期間

1~4週間
※試験目的により異なります。

費用

要お問い合わせ
※検体の種類、試験条件により異なりますので、お問い合わせ下さい。