カビ、酵母および細菌の分離・同定

概要

食品や各種工業製品に発生したカビや細菌、酵母などの微生物を分離し、その種類を調べる(=同定)試験です。試験結果をもとに、汚染微生物の生態分布、生理性状、有害性、再発生防止対策などに関する情報を提供します。
同定せず、微生物(カビ・酵母・細菌)か否かのみを調べることも可能です。

※ 分離・同定試験に関するよくある質問はこちら

試験方法

1. 検体の変色部・変質部・浮遊物を顕微鏡で観察する
   ↓
2. 観察した変色部・変質部・浮遊物を無菌的に培地に接種する
   ↓
3. 培養する
   ↓
4. 培養された微生物を純培養する
   ↓
5. 純培養された微生物を最適な方法で同定する(*)

* 形態学的・生化学的・遺伝学的方法のうち、試験目的、試験に要する時間・費用、分離された微生物種を考慮し、最適な試験方法を用います。詳しくはこちら

試験実施にあたって必要な情報

お問い合わせの際に、こちらをご参照いただき、情報を頂ければスムーズです。

試験期間

検体到着日より約5日〜3週間

※ 検体到着日にはすぐに試験を開始いたしますが、納期は分離される微生物(カビ・細菌・酵母)の培養状況により大きく前後いたします。したがって、納期を事前に確定することや、何かしらの方法をもって早めることができかねます。
なお、検体の変色部・変質部・浮遊物が微生物か否かを先にご報告することも可能です。ご希望の場合はその旨をご教示ください。

費用

3万円~
※ 試験の詳細や検体の数などによりますので、お問い合わせください。

不明点ございましたら、お気軽にご連絡下さい。