生活と微生物 生活と微生物

バスタオル、何回使ってから洗う? バスタオル、何回使ってから洗う?

バスタオルの洗濯タイミングは?

毎年梅雨時になると、各メディアが洗濯に関する話題を取り上げますが、中でもバスタオルの洗濯タイミングは注目度が高いテーマです。


アンケート調査では、家庭によってまちまちで、「使用ごと」または「2、3回使ったら」が多数を占めるものの、 中には「月に1回」や「臭うようになったら」洗うとの回答もあるようです。

微生物の視点から考える洗濯タイミング

ここでは、バスタオルの適正な洗濯タイミングを微生物の視点から考えてみましょう。
使用直後のバスタオルには1枚当り数十~数百個くらいの雑菌(主に使用者の体に由来する細菌)が付いていますが、 そのタオルを3日間洗濯せずに使うと、細菌数は数万~数億個に激増します。
細菌の増殖に欠かせないのは水分と栄養ですが、使用後のバスタオルには、細菌に加え、細菌の栄養となる汗や垢なども付くので、 湿り気が残っていればどんどん菌数は増えるのです。
なお、洗濯していないタオルの不快臭は、細菌が汗や垢を分解する過程で生じるものです。

バスタオルは使用ごとの洗濯が望ましい

細菌が増殖したバスタオルを使えば、当然体には大量の菌が付きます。
それですぐ健康に影響が出ることはありませんが、皮膚に炎症がある場合などは症状が悪化する恐れがありますし、体も臭いやすくなります。
衛生的には、やはりバスタオルも使用ごとの洗濯が望ましいでしょう。
洗濯できない日は天日や通風でよく乾かすようにし、雨天が続く際は乾きやすい薄めのタオルを使うのも一案です。

「生活と微生物」そのほかの記事「生活と微生物」そのほかの記事