生活と微生物 生活と微生物

カビの基礎知識 カビの基礎知識

カビとは

酵母、キノコを含めて真菌と呼ばれる微生物の一群であり、糸状の菌糸先端から栄養や水分を吸収しながら、伸びていきます。実際に我々がパンや鏡餅の表面にカビが生えたと気づくのは、この菌糸が伸びて菌糸体を作った状態の時です。さらに、成熟した菌糸から胞子を作りますが、この胞子はカビの種類によってさまざまな形があります。カビの種類はいままで約10万種が知られ、その中には有益なカビや有害なカビがあります。

カビの発育過程



家にはどんなカビがいるの?

家の中で見られる代表的なカビはアオカビ、コウジカビ、クロカビですが、同じ家でもそれぞれの場所の湿度によって生えるカビの種類が違います。比較的湿度の高い風呂、キッチンなどの水周りには黒色酵母様菌、フォーマ、ススカビ、クロカビなどが、湿度の低い所にはユーロチウム、コウジカビ、アズキイロカビなどが生えやすいです。

カビが生えるとどうなるの?

日本の住環境に見られるカビの中には室内でカビが生えると美観を損ねたり、カビ臭くなるだけではなく、

 アトピー性皮膚炎や喘息などのアレルギー性病気の原因になります。

 カビからの蒸散性物質の中には人体に悪い影響を及ぼすものがあります。

 一部のカビは人体に感染を起こします。

 カビ毒を産生する種類があります。

 カビはダニのエサになります。

「カビ取り剤」や「防カビ剤」製品の安全使用ガイドなどについては、
日本家庭用洗浄剤工業会(家洗工)のホームページをご覧ください。

「生活と微生物」そのほかの記事「生活と微生物」そのほかの記事