試験のご案内 受託試験のご案内 化粧品、医薬品の保存効力試験(チャレンジテスト)についてご案内いたします。

化粧品、医薬品の保存効力試験(チャレンジテスト) 化粧品、医薬品の保存効力試験(チャレンジテスト)

目的および概要

保存効力試験は、化粧品、医薬品の防腐効果を確認する試験です。日本薬局方(JP)、USP、ESPなどの各種規格の試験を行います。また,製品の種類、用途、使用方法などに応じた試験方法を提案し、より実用的な試験結果を提供します。

試験方法

試験試料へ前培養後作製した試験菌液をそれぞれ接種し、一定時間経過後、生菌数測定を行い,保存効力を評価します。

試験菌種例

・細菌
Staphylococcus aureus(黄色ブドウ球菌)、Escherichia coli(大腸菌)、
Pseudomonas aeruginosa(緑膿菌)など

・酵母
Candida albicans(カンジダ菌)など

・カビ
Aspergillus niger(クロコウジカビ)など

試験実績のある規格一覧

日本薬局方(JP)、United States Pharmacopoeia(USP)、European Pharmacopoeia(EP)、ISO11930など
※その他記載のない規格でも試験可能ですので、お問い合わせ下さい。

試験期間

5~6週間

費用

要お問い合わせ
※検体の種類、数によりますので、お問い合わせ下さい。

試験手順

  • 試験菌の前培養
  • 検体へ試験菌液を接種
  • 培養(7日、14日、28日)
  • 生菌数測定
  • 判定
化粧品、医薬品の保存効力試験(チャレンジテスト)