抗菌抗カビ試験(液剤の除菌試験)

概要

液状・ペースト状の検体の除菌・抗菌効果を調べる際に最もよく行われる試験方法です。検体が菌と接触したときに、ご指定の時間で菌がどの程度死滅するかを定量的に確認することができます。検体の使用方法によらず、検体の基礎的な除菌効果を調べる際によく用いられます。

試験方法

試験試料※110 mLに試験菌液を0.1 mL接種し、一定時間(3点、例:10秒、10分、30分など※2)静置した後、生菌数を測定する。

※1 ご提供いただく検体をそのまま、またはご指定の濃度・溶媒で希釈して用います。固体(粉末など)の検体を希釈して用いることも可能です。対照には、リン酸緩衝生理食塩水、生理食塩水、精製水などを用います。

※2 ご指定いただく必要がございます。検体の効果を期待する時間ですので標準的な設定はございません。短時間であれば10秒~数分、長時間であれば数十分~数時間等、検体の効果を期待する時間を具体的にご指定ください。詳細はこちら

【参考】液体サンプルで行われるその他の試験方法
試験片に検体で処理(噴霧など)をして、処理前後の生菌数を測定する方法もございます。

参照規格

日本薬局方 参考情報 消毒法及び除染法
*最もよくご依頼いただく参照規格です。

試験菌種

ご依頼いただくことが多い菌種は下記の通りです。下記に限らず、ご希望に応じて試験実施が可能です。

●細菌
Staphylococcus aureus(黄色ブドウ球菌。MRSAを含む。)、Escherichia coli(大腸菌。O157やO111を含む。)、Pseudomonas aeruginosa(緑膿菌)、Bacillus subtilis(枯草菌)など。
●カビ
Aspergillus niger [またはAspergillus brasiliensis](クロコウジカビ)、Cladosporium sphaerospermum(クロカビ)など。

*関連URL
細菌に関する多くの試験で黄色ブドウ球菌と大腸菌を用いるのはなぜですか?

検体の必要量

1菌種・1検体あたり70 mL以上(予備を含む)をご提供ください。
*ご指定いただく時間によっては140 mL以上必要となる場合がございます。詳細はお問い合わせください。
*上記必要量に満たない場合は、ご提供可能な量をご提示のうえ、ご相談ください。

費用

時間や菌種などによりますので、詳細はお問い合わせください。

試験期間

2週間~
*菌種や検体数、時間などによりますので、詳細はお問い合わせください。

試験実施にあたって必要な情報

お見積りにあたっては、下記のような情報を頂ければスムーズです。

・ご希望の試験菌種
・検体の種類数
・ご希望の時間
・(検体を希釈して用いる場合)ご希望の濃度、溶媒
・要求される成果物
・(日本薬局方以外で特別ご要望があれば)ご希望の参照規格、試験方法

※特にご要望がなければ、和文のご報告書(試験方法・試験結果(生菌数)を記載、画像なし)のみとなります。

試験結果の一例

検体名称初発菌数30秒後3分後30分後
検体A6.0×106平均値1.5×1041.4×102<10
各試料値3.3×1044.7×101<10
7.8×1032.8×102<10
5.6×1038.6×101<10
対照6.0×1064.5×1065.3×1063.2×106
(単位はCFU/mL)

*結果の解釈についてはこちら

よくあるご質問

除菌試験全般に関するよくあるご質問は、こちらをご参照ください。

その他の抗菌抗カビ試験

JIS L 1902(菌液吸収法)規格を用いた試験
JIS Z 2801規格を用いた試験
・その他、弊社で受託している主な抗菌抗カビ試験

*上記に記載のない規格や方法でも試験が可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

不明点ございましたら、お気軽にご連絡下さい。