抗菌抗カビ試験(液剤の除菌試験)

抗菌抗カビ試験とは?

抗菌抗カビ試験は、各種工業製品または工業材料の細菌、酵母、カビなどに対する抗菌力を調べる試験です。
こちらのページでは液体サンプルで行う除菌試験方法をご紹介します。

抗菌抗カビ試験に関する概要はこちらでご紹介しています。

液体サンプルで行う除菌試験方法

検体10 mLに試験菌液を0.1 mL接種し、一定時間(通常3点、例:10秒、10分、30分等※)静置した後、生菌数を測定する。

※ご指定いただく必要がございます。標準的な設定はなく、検体の効果を期待する時間となりますのでご提案ができません。短時間であれば10秒~数分、長時間であれば数十分~数時間等、検体の効果を期待する時間をご指定ください。

参照規格

日本薬局方 参考情報 消毒法及び除染法

試験菌種

細菌であれば、Staphylococcus aureus(黄色ブドウ球菌)、Escherichia coli(大腸菌)、Pseudomonas aeruginosa(緑膿菌)、
Bacillus subtilis(枯草菌)あたりがご依頼を頂くことが多い菌種です。
カビであれば、Aspergillus niger [またはAspergillus brasiliensis](クロコウジカビ)、Cladosporium sphaerospermum
(クロカビ)あたりがご依頼を頂くことが多い菌種です。
上記に限らず、ご希望に合わせて試験実施可能です。

関連FAQ
細菌に関する多くの試験で黄色ブドウ球菌と大腸菌を用いるのはなぜですか?

その他の規格を用いた試験

弊社では、さまざまな規格で抗菌抗カビ試験を受託しております。
以下に挙げた以外にも試験実施が可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

JIS L 1902(菌液吸収法) 規格を用いた試験
JIS Z 2801 規格を用いた試験

不明点ございましたら、お気軽にご連絡下さい。