抗菌加工品と未加工品を両方用意しなければなりませんか?

抗菌加工を何らかの基材に施したものについて抗菌効果を調べる場合、抗菌加工品(抗菌加工を施した基材)と抗菌未加工品(同様の基材で抗菌加工を施していないもの)の両方の試験を同時に行い、試験菌の増殖度合いを比較する必要がございます。

例えば、抗菌効果を調べる際によく用いられる試験方法である、JIS Z 2801やJIS L 1902に規定がございます。

一方で、抗菌未加工品が準備できない場合の規定もございます。JIS Z 2801では抗菌性のないポリエチレンフィルム、JIS L 1902では抗菌加工がされていない綿布を抗菌未加工品の代用とするよう規定されております。弊社でも代用品(弊社で準備可)を用いて試験を実施することが可能です。
(JIS Z 2801やJIS L 1902以外の試験方法においても協議の上で代用品を設定し、試験を実施する形となります。)

ただし、抗菌加工品と抗菌未加工品の結果を比較した場合と、抗菌加工品と代用品の結果を比較した場合では試験結果の解釈が異なってまいります。ご注意ください。

・抗菌加工品と抗菌未加工品の結果を比較:加工の有無を比較した試験菌増殖度合いの差となる。
・抗菌加工品と代用品の結果を比較:単に適当な対照と比較した試験菌増殖度合いの差となる。(加工有無による抗菌効果の評価にはなりません)