JIS Z 2911はどのような試験手順ですか?(塗料・皮革製品)

JIS Z 2911の試験手順は下記のとおりです。
※塗料・皮革製品の試験手順を記載しております。一般工業製品・繊維製品・プラスチック製品の試験手順は他の項目をご覧ください。電子製品・光学機器・その他の製品については別途お問い合わせください。

●塗料の試験

【試験手順】
試験片(※)をグルコース・ペプトン寒天培地中央に置き、試験カビの混合胞子液(10^4~6 CFU/mL)を噴霧接種して、26±2 °C、相対湿度95~99 %で1週間培養する(試験の繰り返し回数(n):3)。
培養後、肉眼および顕微鏡で観察し、カビの発生度を判定する。
※規定では、適切に薄めた検体をろ紙に浸漬させて試験片を作製しますが、実際に素材(木材など)に塗布した場合の効果を確認されたい場合は、素材へ塗布したものをご提供いただき、試験を行うことも可能です。

【試験カビ】
Aspergillus niger NBRC 105649、
Penicillium pinophilum NBRC 6345、
Cladosporium sphaerospermum NBRC 6348、
Aureobasidium pullulans NBRC 6353、Trichoderma virens NBRC 6355
※試験目的によって試験菌液・試験菌種を規定から変更して実施することもあります。

●皮革及び皮革製品の試験

【試験手順】
試験片(※)をポテト・デキストロース寒天培地中央に置き、試験カビの混合胞子液(10^4~6 CFU/mL)を噴霧接種して、26±2 °C、相対湿度95~99 %で1週間培養する(試験の繰り返し回数(n):3)。
培養後、肉眼および顕微鏡で観察し、カビの発生度を判定する。
※滅菌精製水に18時間浸漬させた後、水分を拭き取って試験に使用する。

【試験カビ】
Aspergillus niger NBRC 105649、
Penicillium citrinum NBRC 6352、
Cladosporium sphaerospermum NBRC 6348
※試験目的によって試験菌液・試験菌種を規定から変更して実施することもあります。

【検体(試験片)】
サイズ:原則30 mm 角
    *製品そのもの等、試験片の作製ができない場合はご相談下さい。
必要枚数:予備含め5枚以上