ATCC株と同一系統のNBRC株を用いることは問題ないのですか?

弊社では、規格にATCC株の記載があった場合、原則として同一系統のNBRC株を用いて試験を実施いたします。
米国よりATCC株を取り寄せて試験を実施することは可能ですが、手数料を含め高額の費用が掛かり、納期も延長されますので、あまり現実的とは言えません。

試験規格によっては、同一系統株を用いることや、当事者同士で合意があれば菌株を変更してもよいということが、規定されている場合と規定されていない場合があります。(禁止というよりは、想定をしていないため明記されていないことがほとんどです。)

同一系統株を用いて試験可能な旨が規格に記載されている場合は、問題がないと考えられます。(日本薬局方など)
明確な記載がない場合は、規格に厳密に従うのであれば同一系統株で代替することはできません。

ATCC株と同一系統のNBRC株を用いることを可能としている規格が多く存在すること、また、同一系統株を用いて試験を行うことはごく一般的であることから、試験結果に影響を与えないと考えられますが、最終的には貴社で許容するかどうかをご判断いただく必要があります。
試験結果のご提出先の組織がある場合、許容されるかどうかを事前に確認されることを推奨いたします。