「ウェットワイパー類の除菌性能試験方法」はできますか?

一般社団法人日本衛生材料工業連合会の「ウェットワイパー類の除菌性能試験方法」は、下記のとおり実施可能でございます。

【試験方法】
検体(15 cm×10 cm)を試験試料、綿布(綿3-1号、15 cm×10 cm)を1.5倍量のリン酸緩衝液に含浸させたものを対照試料とする(各3枚)。
試験菌液(普通ブイヨン培地で1.0~5.0×109 CFU/mLに調製したものを牛血清アルブミン水溶液と等量混合)を試験担体(ステンレス片)に塗布する。
150 gのおもりに試験試料または対照試料1枚を装着し、専用の拭き取り装置に設置した試験担体に密着させた後、試験担体上を120回/分の間隔で5往復する。
試験担体を洗い出し、生菌数を測定する。

【試験菌種※1
Staphylococcus aureus(黄色ブドウ球菌)NBRC 12732、
Escherichia coli(大腸菌)NBRC 3972

※1 試験目的によって試験菌種や菌液の栄養条件を規定から変更して実施することもございます。

【検体のサイズと必要枚数】
サイズ※2:15 cm×10 cm
最低必要枚数※3:1菌種あたり3枚(2菌種合計6枚)

※2 弊社で裁断することも可能です。
※3 予備を含め、最低必要枚数の1.5~2倍量をご提供いただければ幸いです。