フィルターのろ過前後の生菌数を比較する除菌試験はできますか?

試験可能でございます。

【試験方法】
JIS K 3835に基づいた試験方法が最もご依頼の多いケースです。
液体圧送用タンクに試験菌液※1を入れて加圧※2し、検体(フィルター)に試験菌液を通液した後、ろ液の生菌数をメンブレンフィルター法などで測定します。

※1 得たい細菌補足性能(LRV: Log Reduction Value、例: LRV≧8、LRV≧9など)を基に試験菌液の濃度や通液量を設定します。
※2 圧力は検体の使用方法などを基にご指定ください。(例: 100 kPaなど)

【注意点】
1. 検体(フィルター)の親水化処理について
検体が疎水性であり、そのままでは通水できない場合、何らかの方法で親水化処理を行う必要がございます。親水化処理の方法をご教示ください。(100 kPaでIPAを100 mL通液し、その後精製水1 Lを通液してIPAを洗浄する、など)
弊社にて親水化処理が必ずしも適切に実施できるとは限りませんので、可能であれば、試験ご依頼者様にて親水化処理を行った後に、ウェットパック状態などでご提供いただけるとスムーズです。

2. ハウジングやアダプター等について
フィルターのハウジングや、液体圧送用タンクに接続するためのアダプターなどのツールのご準備について、原則お打ち合わせが必要となります。

3. 検体の滅菌について
通常、フィルターおよびハウジングを高圧蒸気滅菌(121℃で15~20分程度)してから試験に用いますが、検体が熱に弱いなど、高圧蒸気滅菌ができない場合はそのまま用いますので、別途ご相談ください。 なお、試験に使用した検体の返却をご希望の場合、原則として高圧蒸気滅菌後のご返却となります。

4. 予備の検体について
弊社ではさまざまな形のフィルターやハウジングをご提供いただき、試験を実施いたしますので、細心の注意を払って試験を実施したとしても、一度では試験が適切に行えない可能性もございます。可能でしたら、予備の検体をご準備いただければ幸いです。 試験に使用しなかった検体については、そのままのご返却が可能ですので、ご希望をお知らせください。

5. お見積りについて
お見積りにあたっては、検体数をご教示ください。 (試験繰り返し回数は、特にご希望がない限りn=1で行います。ご希望がございましたら、その旨ご教示ください。) また、画像(通液前後の生菌数をイメージしたシャーレ画像など)が必要な場合は、その旨ご教示ください。

6. その他
・気体を介して菌をフィルターに通すことはできかねます。気体中に菌を均一に浮遊させることが難しく、試験結果も安定しないためです。気体を通す用途のフィルターであっても、必ず液体を介して試験を行います。
・試験後の検体を光学顕微鏡などで観察しても、試験菌を観察することはできません。