適合性確認試験とは何ですか?

検体存在下で試験菌が正しく検出できるかどうかを確認する試験です。検体希釈液に試験菌液を接種し、接種直後に生菌数を測定し、対照(リン酸緩衝生理食塩水など)の生菌数測定結果と比較して、接種した菌の回収率により評価します。

検体によっては、その成分(抗菌性物質など)や性状などにより、菌が正しく検出できない可能性がございます。したがって、適合性確認試験を実施しない場合、本試験で試験菌が検出されない原因が、試験菌の死滅なのか、検体の影響なのか、判断することができません。