培地性能試験とは何ですか?実施する必要はあるのですか?

弊社で試験用に調製した培地(以下、調製培地)が、メーカーにおける培地性能試験にて有効性が確認済みの市販培地(以下、生培地)と同等の性能を持つか(接種された菌の集落(コロニー)が正しく検出されるか)を確認する試験です。

日本薬局方など、各種規格に厳密に従う場合は必ず実施が必要ですが、適合性確認試験同様、実施の有無をご判断ください。培地性能試験を行う場合、弊社ではご希望に応じて下記の2パターンをご案内しております。

a) 調製培地と生培地を用い、調製培地の培地性能試験を行った後、調製培地を用いて本試験を行う。
b) 生培地自体を本試験に用いることで、培地性能試験を省略する。(通常は調製培地を用いて本試験を行っております)