規格に規定されていない菌株でも試験はできますか?

例えば、JIS Z 2801では黄色ブドウ球菌・大腸菌以外の菌種、JIS L 1902では黄色ブドウ球菌・肺炎桿菌以外の菌種は規定されておりませんが、試験目的に応じて試験菌種やその他条件の一部を変更し、試験を行うことも可能であり、しばしば行われます。

試験菌種変更の場合、菌種および菌株番号をご指定ください。特に菌株番号のご希望がないようでしたら、その他の各種規格試験等でよく用いられる菌株番号をご案内することも可能です。

試験菌種を変更した場合、規格に規定されている試験成立条件を満たすかどうかについては不明ですので、あらかじめご了承ください。
なお、試験菌種を酵母やカビに変更する場合、JIS Z 2801やJIS L 1902に規定されている試験菌液調製用培地は細菌に通常用いる培地ですので、培地を真菌の培養に適したもの(サブロー・デキストロース液体培地など)に変更したほうが望ましいです。